FC2ブログ

ぶぶ漬けでも どないどす?


京のぶぶ漬け、どないどす。









お腹いっぱいでも
目の前の人がさらさら食べてると
私も~。

一度箸をつけたら…なんだかおかわりしたくなって
もう一杯!

不思議ですよね。
これも日本人のソウルフード?











父は生前、お湯のことを「おぶ」「おぶう」
時々「ぶぶ」とも言ってました。

「ぶぶを入れてちょうだい」みたいな。

何も疑うことなく私もそう言ってましたが
幼児語みたいと思ったのは中学生になった頃。


ぶぶ漬けと言うとお茶漬けのことを言いますが
ぶぶとは元々お湯のことで

父が言うには、ご飯にかけるのはお湯でいい
お茶はちゃんと飲むもの。

お茶を習っていた人らしい持論なのか。

ぶぶ漬けでもお茶漬けでも…
お湯でもぶぶでも…
何でも良い。




お昼に白いごはんが無かったから炊いてしまいました。

 京都のお漬物でさらさらするのは贅沢な時間だなぁ。                

                 ほな。





スポンサーサイト



甘さ控えめ




                    吉祥寺のスーパーへ



                             電車に乗って行く    今年で25年目のコート
 

数年前に私のクローゼットを見た友人が一言
「色が無いね~」

うん、色が無いね。
差し色以外は黒・白・ネイビー・グレー・ベージュ…など
アースカラーがほとんどなのです。
まぁ、安心できる色って言うのかな。

今まで原色を着た姿を友人たちは見たことないかもしれない。
あと数年経ったら着てみようと思ってるけど。

二十数年前だったか、色の勉強をした時に
改めて色の面白さに目覚めて、元気に出来るのだと思いました。

療養している人も、落ち込んでる人も、やる気が起こらない人
お年寄りも…

見ているだけで明るくなる色を取り入れてみると
前向きになるはずです。


4月中旬、暖かい日が増えてきました。
着る物を少しずつシフトチェンジしてみましょう。

おおらかで力が抜けるような、今風に言えば「抜け感」
そしてちょっぴり「きちんと感」もプラスして…

派手なデザインで主張するのではなく、かと言って甘すぎず
自分に馴染むスタイルやこだわりを考えて
いつもの日常着を組み合わせるはのは、気持ちが軽くなるものです。




                           人に会う           これも25年着るシルクのカーデガン



                        吉祥寺あたりをフラフラ


                  これも吉祥寺あたりをフラフラ



      ダラスのファミレスの売店で買った自然石のネックレス
安くて思わず衝動買いしてしまった

今年初めての桜












薄墨色の花びらがはらはら舞い散るだけで
胸にチクチク、時にはぐっと痛みのようなものを感じてしまいます。


同じ季節、同じ桜なのに
その時の心のあり方や心境、心もようで
様々混ざり合って見えるのだと思います。


先週は暖気と寒気が日替わりで気温の差に辛かったけど
たった一週間で風が違う。

今日、外出先からの帰り道は晴れて、まさに見ごろな桜でした。


これが今年初めて見た桜。
「見た」と言うより「今年も出会えたね」と、桜にはそんな表現がいいかな。

咲き急ぐ桜だけど
輝き放つ春、短い春だからこそ全力で咲いているとのこと。
ガンバレ!桜。



プロフィール

サキ

Author:サキ
Yahooブログから引っ越してきました。
食べることが好き、作ることも好きなので記事も食べもの関係が多いです。
日常の何気ない写真を撮ることも好き。
「布絵作家」「ジュリーファン」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR