FC2ブログ

はな子と井の頭


皆さんご存じと思いますが
井の頭自然文化園の象の「はな子」が亡くなりました。

この地域に暮らす者にはかけがえのない象さん、シンボルでした。
幼稚園の初めての遠足は「はな子」に会いに行くこと。
その後の写生大会や観察会など、どれほど多く行ったことか。

親子二代、姪っ子が遊びに来たときも
お弁当持ってみんなで行って、お世話になりましたね。




昨日、朝からしっかりと雨でしたが
九時頃には上がったので行って来ました。
昨年の秋以来だなぁ。

正面ゲートを入ってここをまっすぐ行くと
「はな子」が迎えてくれます。


ペットを亡くした時は親が亡くなった時より悲しいけど
その感情と似てると言うか、もういないと思うと
がっかりしょんぼりです。



                          *大きくなります

在りし日の「はな子」の写真の前には献花台が置かれ
報道各社もたくさん来ていました。

目を真っ赤にしてインタビューに答えている人
ただただ無言でたたずんでいる人。


私のうっすら残っている遠足の記憶をたどったり
娘たちの遠足を懐かしがったり
あんなことがあった、こんなことも…

親子同じ幼稚園だったから時を越えて
「はな子」に会えたなんて。

そう思うと、共有できたことは寂しさだけではなく
ほのぼのとした気持ちにもなります。



雨上がりが静かに爽やかで
ゾウ舎から離れて園内も歩きたくなりました。
桜が終わると葉っぱの勢いが増して、身体中緑色に染まりそうな感じ。

ここはベビーカーのママ達にも子供の足にも優しかったな。












動物エリアからしばらく行き、見えてくるのは彫刻家・北村西望の彫刻館です。
うっそうとした樹木の中にも大小38点の像が自然と一体になって鑑賞できます。

木陰にベンチもたくさんあるから
ここでおしゃべりしたりお弁当食べるのもおすすめ。






そして中に入ると正面には「平和記念像」の原型があります。

北村西望は長崎出身なので長崎市に依頼されて
「平和記念像」を制作するため、1953年この地にアトリエを建て
制作を開始したそうです。

制作中、誹謗中傷、迫害、脅迫、予算も切られたそうですが
強い思いと信念で完成させ
1955年8月8日、長崎市平和公園で除幕式に至りました。



高さ9.7メートル、男性の健康美に
右手は原爆を示し左手は平和
顔は戦争犠牲者の冥福を祈る
人種を越えた、時には佛、時には神を表現とのこと。












彫刻館の並びにアトリエがあります。
下の三角屋根の大きな建物がアトリエですが、木組みや試作品が4体。
天井も高い。


                  

                            アトリエ



最後にここに来ると必ず会って行くのはこの像です。
「若き日の母親」1984年

彫刻館の一番奥、温かいまなざしのお母さん。






機会があったら来てくださいな。
スポンサーサイト



たまごサンドとアメリカンクラブハウスサンド




                       *たまごサンド*


私のたまごサンドはフワフワの厚焼き玉子を挟みます。
ちょっと甘めにしてパンにはバターを塗ってるんで、おやつみたいな感じです。
今これが流行ってるそうですね。
大正生まれの母が残してくれた教えなんですよ。
昔はマヨネーズが無かったからかな。

ゆで卵をマヨネーズで和えるのも作りますが
ほとんどこれ。



                  *アメリカンクラブハウスサンド*





アメリカの一般的なレストランなら必ずメニューにあるサンドイッチです。

トーストしたパンにトマト、レタス、キュウリ、ベーコンや肉、薄焼き卵、チーズ
ケチャップにマヨネーズ、粒マスタード…を挟んだボリュームあるサンドイッチ。
肉は鶏もも肉に塩とちょっと強めのブラックペッパーで焼いてます。

三段重ねが基本だけど食べにくいので、いつもパンは二枚。
それでもこれだけ挟むと崩れますね。
なので、長い楊枝をさしてしっかり留めます。

切る時が大変なんですよ。
神経を集中して、最初はだましだまし包丁を入れて
後は迷いなくスパッと一気に!

どちらも食べ始めたら止まらない止まらないサンドイッチです。

サンドイッチは前記事の「お茶の時間」の前に出せばよかったね。
順番が逆だったわ~


では、Have a nice weekend.


お茶の時間







                   
             ~** 手作りチョコスコーンと紅茶 **~


お茶の時間がとれるって贅沢なこと。

ご飯を食べるのは命をつなぐことだけど
お茶を淹れてホッとする時間
多忙の中にもゆとりが生まれて気分転換、楽しめるのね。


「そろそろお茶にしましょうか」ってお湯を沸かして
茶葉やカップを用意して、有り合わせの甘いものを出して

お皿は何にしようか…なんて
こんな些細な楽しみがゆとり。







                  ~** ドーナツ型スコーン **~

このメープルシロップはダラスのパンケーキのお店で
たくさんもらってきたので、ちょっとずつ使っていました。
「クラッカーバーレル」という全米展開の
どうってことないパンケーキレストランだけど
このシロップがとにかく美味しい!

あと残り2本。
大事にいただきま~す。


この中の真ん中辺りにありますよ~






杏仁豆腐は簡単手作り。

チーズケーキはプレーンと抹茶とシトラス。
これはコンビニ。
時々コンビニでも買いますよ。
最近のコンビニスイーツって最強です。

それとスーパーで買った水まんじゅう。

おやつにも涼しさが見えるようになりましたね。




「昭和のスターとアイドル展」~日本橋三越





日本橋三越本店で開催の「昭和のスターとアイドル展」に行って来ました。
昭和の音楽史の濃さに今更驚くばかりです。
その時間の中の一部分しか体験してないけど
それにしても充実した時代でしたね。

混んでいたのは「スタ誕」と「久世光彦」コーナー。
テレビでは「寺内貫太郎一家」が流れて、皆さん懐かし~いって釘づけでした!
以外に人が少なかったのは「美空ひばり」コーナーと
「フォーク」のコーナー。

やはり久世さんと阿久悠さんの時代って、ホントに楽しかったもんね。
とってもキラキラしてた。

その久世さんコーナーの一角を広くとって
ある歌手の1枚の大きなモノクロのパネル写真が飾られていました。

何の説明書きもありませんが、無精ひげに黒縁の眼鏡をかけ
遠くを見つめる目が鋭い...

写真の前にはソファーが用意されて
「あの頃に想いを馳せてみませんか?」ってことでしょうか。

しばらくソファーに座って向かい合って感じた事は
最近の芸能人には魔性が無いということ。
近寄ったらスパッと切られてしまうような
鋭い刃物を懐に持ってる「スター」がいないと思いました。















三越を後にして「コレド室町」「コレド日本橋」で買い物をして
久しぶりに銀座まで歩きました。



先週、娘が銀座の「ユニクロ」が入場制限してた!と言ってましたが
この日も凄かった。
東京って連休中は静かになって過ごしやすいっていうのは
もう過去のことなんですね。

街オンナですが、さすがの私も最近の銀座には疲れましたわ。


「昭和のスターとアイドル展」は9日までやってます。
個人的には2005年丸ビルでの「渡辺プロダクション50年」の方が
充実してたと思いました。
それだけ昭和全部を見せようとすると大きすぎるんでしょうね。

では・・・充実した連休をお過ごしくださいね。











プロフィール

サキ

Author:サキ
Yahooブログから引っ越してきました。
食べることが好き、作ることも好きなので記事も食べもの関係が多いです。
日常の何気ない写真を撮ることも好き。
「布絵作家」「ジュリーファン」

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR