FC2ブログ

布の生還





気に入らなくて「もういいや」って、丸めてポイしてあったけど

思い直してゴミ箱をあさって取り出して

糸を抜いたり布を重ねたりして所々手直ししてみた。



ちぎられたり引っ張られたりして傷は残っているけれど

これまでの過程をいつくしむ。


もう一度蘇るかな。

スポンサーサイト



春の日差し



井の頭公園を歩いてきました。

体感温度は1度か2度。


こんな日に池の周りを歩いていると
刺すようなような冷たい風に、身体は小刻みにふるえます。

本格的な寒さは続きますが
細い枝元に陽光が降りそそぎ、池の水面に冬の日差しが揺れて
「あっ」でもない「わぁ~」でもなく
「はぁ~」と吸い込んだ空気を吐き出した時のような
声ではない声が出てしまいました。


蕾が芽吹いて、花びらが散ったようで
寒さの中の生命力や温もりを感じませんか?


気がつくと5時を過ぎても明るくて
昼の時間も随分長くなったな~と、しみじみ。



一月は厳しい冬の到来ですが、井の頭公園の小さな絶景に
もうひと頑張り出来そうです。

新年のおもてなし





今年初めてお客さまをお迎えいたしました。

リクエストは普通の和食が良いとのこと。

*沢煮椀(たくにわん)

*牛蒡と鶏の五目炊き込みご飯

*里芋とイカの煮物

*鶏ささみと三つ葉のワサビ酢和え


普通の和食しか作れないので
一汁二菜でささやかにおもてなしをしました。



「沢煮椀」とは何?って聞かれるのですが
たくさんの具を煮た汁物の一つです。

特徴は豚の背脂を入れること。
私は背脂ではなく、バラ肉であっさり仕上げています。

バラ肉は細く切って茹でて余分な脂を落とし
野菜は牛蒡、たけのこ、にんじん、しいたけ。

昆布とカツオのだし汁で野菜は歯ごたえが残る程度に。

具だくさんですが上品に仕上がるので
お客さまにも普段にも万能だと思います。

ただ時間が掛かる割には地味な一品で...。


小鉢の「わさび酢和え」は

お酒で蒸したささみを裂いて三つ葉、かにかまと合わせて
レモン汁とお酢を同量、だし汁を少し足しまろやかにして
薄口、塩で調味して、おろしワサビを加えピリッとさせて
食べる時にかけます。


熱々のうちに食べたかったのと
私のはいいかげんに盛りつけてしまったので
翌日PCで見てがっかり。
イカも里芋も、新年早々貧弱な写真だ~。

お客さまのはちゃんと形の良い里芋を選んで
盛りつけも気を使ったのにな~


みなさん、これで良かったら目で味わってくださいね。


2012年。

新年のご挨拶が遅くなりましたが
あらためまして、今年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

サキ

Author:サキ
Yahooブログから引っ越してきました。
食べることが好き、作ることも好きなので記事も食べもの関係が多いです。
日常の何気ない写真を撮ることも好き。
「布絵作家」「ジュリーファン」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR