FC2ブログ

夏の朝ごはんをどうぞ




待っててくれる人が一人でもいるから。

読みたい見たいと言ってくれる人が、一人でもいるから。


特別な朝ご飯でもないし
驚くような食材でもないけれど
あなたのために用意いたしました。



グリーンサラダはピリット感のワサビ菜に
トマト、大根のマリネを飾り、タマネギをトッピング。

ドレッシングはオリーブオイルとフランス七味、バジル。


フランスパンにはスクラングルエッグをのせたり
ハムとブリーチーズにピンクペッパーを飾ってみたり。


頂き物のブルーベリージャムは
パンにつけてしまうのは勿体ないほどのジューシーだから
アイステイーのお伴に。



今朝はいつもより過ごしやすい東京です。
雨も降ってるウォームグレーの朝だから
せめてお皿の上は緑、黄色、赤と食欲増進の色へ。



では、ゆっくり召し上がれ。

スポンサーサイト



夏の夜の手仕事




書庫を見ると

「都心から」
「東京の郊外から」
「街の景色」等など

街を撮る時間が多いけれど
灼熱の都会に出ることは30分ほどの距離でも
考えてしまいます。


じゃあ、どうしようか。
それなら何かアップ出来るものを作ってしまえ。

と言う訳で、夏を感じるポーチを作ってみました。

ひと針ひと針、チクチクと。
裏地を付けて、ボタンも付けて。

作っている最中に、やっぱりファスナーも必要と
吉祥寺まで買いに行ったり。(結局は出かけましたね^^;)


完成図を描いて、型紙を作り、布を切って。
夏の夜の手仕事も出来上がりました。

そして、それをどのように見せようか
これが問題。

しばらく考えた末

「南フランスの夏を感じてもらえるように」

こんなテーマで撮ってみました。



家に居ても、何も無くても
企画してアップする。

それこそがクリエイティブなチカラを付けるチャンス。

スパイスとハーブの効果


ペッパー、バジリコ、ナツメグ、
コリアンダー、シナモン、ローリエ、フェンネル・・・

なんて異国情緒たっぷりの響きなんでしょう。


名前を聴いただけでも香りや味わいが伝わって来ませんか?

刺激的で官能的な香りのスパイス。
爽やかな香りを楽しむハーブ。
手にしただけで世界を見たような気分になってきませんか?



スパイスの歴史をひも解けば
食料の保存とか化粧品、ミイラ作りにも使われていました。
交通手段や冷蔵の保存が出来ない時代の工夫ですよね。


紀元前どのくらい前なのか
宝石のように、それはそれは大切にされて
一つ一つのスパイスに物語や由来が出来たほどです。



私たち日本人がヨーロッパのスパイスやハーブに目覚めたのは
そんなギリシャ、ローマ時代に比べたら歴史は浅いけれど
あっという間に食卓には欠かせない香辛料となりました。



イタリアンにフレンチに。
紅茶にも。
夏はお味噌汁にも粒コショウを一つ。


一口食べれば舌から鼻へ抜け、身体中をかけめぐり
生姜や山椒から
料理の世界を異国へと広げてくれます。


そして夏のこんなに暑いときは
スパイスを効かせた料理で目先を変えて食欲増進。



夏バテぎみの皆様と、私にも。

一粒効かせて
ブログ頑張れ!!

夏は真っ最中



おとといも
きのうも
今日も

暑い暑い東京です。

土曜日に行った青山は、空も雲も夏空。
日差しが目や肌に刺し、痛ささえ感じる数時間でした。

都会は好きだけど真夏は辛いですね。




ブログも暑さから逃げていましたが
やっとアップしようかと、少しだけそんな気持ちになりました。


快適にと、まず環境を整えて。
これ大事ね(^^)

まず「iTunes」のラジオは「Hawaiian Music Station」にセット。

飲み物は【ice tea】


1杯ぶん100ccに対して茶葉を1杯。
ティーポットに茶葉を入れ、熱湯を入れて2分蒸らして。

蒸らしてる間にグラスに氷をいっぱい入れておき
茶こしで漉しながら一気にそそぎ入れる。

これでクリームダウンすること無く
透明なアイスティーの出来上がり。

少し甘みが欲しい時には
茶葉と一緒にお砂糖も一緒に入れて溶かして。



茶葉は出来れば独特の香りを持つ【アールグレイ】で
氷も家庭の冷凍庫で作ったのではなくて、ピュアな氷で。


ミントを飾って
どうぞ、いかが?


レースのカーテンを揺らす爽やかな風。
唇にふれる冷えたグラス。

耳に心地よいHawaiian Music。。。

色鉛筆のワン子




                 名前は「モアナ」 男の子です。

                     ハワイ語です。

           意味は大西洋とか太平洋のような、「大きな海」ということ。

             色鉛筆画、最初の作品はワン子(シーズー)から。



                子供の頃、誰もが持っていた色鉛筆。
             私も塗り絵が大好きで毎日のように描いていたのに
               いつの間にか使わなくなっていました。
             短くなった色鉛筆が何本か引き出しにころがって
              勿体ないから鉛筆代わりに使う程度でした。


            見れば何か描きたいな~って、気になっていましたが
                   意欲もわかずままで。

             それが3年前に家の近所の文房具屋に並んでいた
                 24色揃った色鉛筆を見つけた時
             虹のような綺麗さと描きたい気持ちが湧いて来て
                 速攻で買ってしまいました。


                   本もたくさん出て、
             色鉛筆とは思えないような絵にびっくりです。
                  色の出しかた塗りかた、
               筆圧で2色、3色、4色と色を混ぜて
                深みや微妙な色を作れるんですね。

                  色鉛筆ってとっても手軽。
             ちょっと空いた時間にもささっと描けるし、
                  手も汚れず用意も簡単。



             24色を前にすると画家になったみたいで
                 とっても良い気分です。


         何でもカタチから入りたがる癖がまた出ました(^^)

時を刻んで




.

早く早く繋がるように


.

プロフィール

サキ

Author:サキ
Yahooブログから引っ越してきました。
食べることが好き、作ることも好きなので記事も食べもの関係が多いです。
日常の何気ない写真を撮ることも好き。
「布絵作家」「ジュリーファン」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR