FC2ブログ

銀座ミキモト





通りかかった【ミキモト】のショーウインドウ。
新年はこれです。

平安美人の胸に輝くのは扇型のブローチ。

殿は
「これ、高そう?」って
悩んでるんですけど。

だから私
「あまり高くない、手頃なジュエリーもあるんだよ」って
言ってあげました(笑)


銀座に行くと表通りから裏通りの細い道まで歩いて
オシャレなウインドーを探します。
カメラを持ったウォーキングですね。

目につくのはユニクロ、H&M、アバクロ。

ユザ○ヤまで来てます。
せめて、銀座らしい看板にして欲しいな~なんて。
うんうん、商売のためなんですよね。分かります。
でもね。。。


こんな風に世界の銀座も雰囲気が一変して
無くなってしまったお店もあります。
寂しいですよね。


そんなめまぐるしく変化する銀座だけど
四丁目に立つと今も変わらぬ姿は老舗の風格、底力。
銀座らしいです。

ミキモトと和光。
この街を彩るのはウインドーの美しさだと思いました。


その場所にはそれに合ったお店がいいなぁって。

スポンサーサイト



歌門来福


金髪にしたイカレタ奴を見てきました。

場所は渋谷C.C.Lemon。

イカレタ奴はジュリー。キャ~(笑)

胸のもやもやを払拭するように、聴いて飛んで歓声の2時間。
よくもまぁこれだけ騒げるか、ムカシと同じじゃん。


地方遠征は京セラドーム1回きりなので、
地方公演はどんな雰囲気なのかは分かりませんが。
渋谷は「凄い!」の一言に尽きます。


ファンも体力勝負です。


こうして今年も恒例のお正月ライブが始まりました。
これから名古屋、大阪と回り、2月には再び渋谷に戻って来ます。

1月24日はタイガースの解散した日。
なので、日頃歌わないタイガースの曲もたくさん歌ってくれました。



今年はジュリー with ザ・ワイルドワンズでの活動も始まります。
2月には「渚でシャララ」という新曲も発売。
TBS「ひるぴお」で1月のエンディングに流れています。ヤッタ!!

まだまだ語る事はあるのですがスルーされそうだから
胸に抱えて一人ニヤニヤいたします。ハイ(笑)



私の生活に欠く事の出来ない、劇団四季とジュリー。



歌う門には福来たる。
カモ~~ン.....。

年初めはジュリーからでした。キャ~

冬の井の頭公園






吉祥寺に行った時に
時間があれば公園にも寄って写真を撮ってきます。

丸井の横、
七井橋通りから人をかき分けて、急ぎ足で【いせや】の階段を下りると
駅周辺とは違う空気、気温も下がって清々しい気分になります。


春には桜、秋はモミジ。
これまでどれだけ撮って来たことか。

池を囲む道はそのままだし。
のんびり感もそのまま。
お洒落過ぎず、野暮ったくなく。

長い時間をかけて守られた武蔵野の樹木も健在です。
幼稚園の遠足で見た木、小学生の写生大会で描いた木、
よく生きててくれたという気持ちになります。

ここを歩く人たちも、地域に根付いてるのが分かります。
だからいつ歩いてもゆったり出来るし
吉祥寺同様に、お一人様で散歩しても寂しさを感じない場所ですね。



昨年12月上旬に晩秋を紹介しましたが、これは下旬。
暮れから池の周りや西園を、何十枚か撮って選んだ5枚です。

こうして見ると「お洒落過ぎず、野暮ったくなく」
というのが分かりますか?


カメラを向けながら感じたこと
暖かい日はそれなりに良いけど、雲に覆われた日もいいなぁって。
冬枯れが北欧に見えた瞬間は感激しました。


木々の間を抜けて入るアジアンレストラン【ペパカフェ】はお気に入りです。
開店当時から夏も冬も友達と長居させてもらいました。
「アジアンはダメ」から「OK」になったのもココ。


今は離れてしまったけど
どんなお天気の日もリラックス出来る公園でした。

吉祥寺は今








先日病院の帰りに吉祥寺を歩いてきました。

5年連続住みたい町、No.1。


「遊びに行ったけどごちゃごちゃしてて、自由が丘や代官山の方が可愛いし、
なんで住みたい町なのか分からない」

と、言う声を聞いたことがありました。

確かにそう、ごちゃごちゃしたところもありますが、
住みたいと言う、それなりの理由もあるんですね。

老若男女、誰にも添ったお店があること。
可愛くてオシャレな雑貨店はたくさんあるけれど、日用生活品も豊富で安い。
イタリアンやフレンチもあれば食堂もある。
近くには井の頭公園もあるし(三鷹市ですが)


吉祥寺を出なくても十分生活が出来る。
オシャレだけではない、現実的なことを考えたらとても便利な街ですね。

おまけに都心までは20分あまり。


病院の帰り、「今日はココとココを見ようか」と考えていたのに、
この街を歩くと不思議にそんなこと忘れてしまう。

買い物も忘れて歩き回る。
最初の目的はすっかり忘れてしまいます。


近くに住んでいる人も、ちょっだけオシャレして、
一人でも自由に気にしないで楽しんで。
この街の雰囲気がそうさせるのでしょうか。



今その吉祥寺が変わりつつあります。
【伊勢丹】は3月14日閉店、
駅に直結したショッピングセンター【ロンロン】は【アトレ】に。
【丸井】も全館改装中。

デパートも【近鉄】から【三越】になり、
今は【ヨドバシカメラ】



だんだん変わってくるけれど、
この街の持つ「力をぬいた空気」は残して欲しいと思います。

今日は記録的な写真で満足したアングルではないけれど、
雰囲気だけでも味わって頂けたら。

一瞬の出会い


「冬の街は茶色ばかりで撮りたいと思う場所がない。」
なんて思っていたけれど、こんな出会い頭の写真。


冬は夕日でした。
空気が澄んでいるから晴れた日の夕日は一段と赤いです。

真っ赤に発色してあたりを染めて、沈むのもあっという間。
一瞬の出会いから生まれたこの写真。
たった1度のわずかな時間でした。


こんな時に思うのは
「カメラ持ってて良かった。」
ということ。



『幸運とはチャンスに対して準備が出来ている』ってことね。
これ、私の名言。




 偉いなぁ~自分。

「冬の窓」が夏だった時


前日アップした「冬の窓」

ひよこさんから
「夏には涼しげな緑の蔦で覆われるのでしょうね。」
とのコメ。
スワちゃんからも感激して頂いて、
それならば夏も早速アップしなければと思いました。



三鷹のジブリ美術館。
入り口近くの外壁です。
画像を大きくして見て頂けたら。

何処を見ても夢のある建物で予約制のためか、ゆっくり楽しめますよ。




私は出来た時この近くに住んでいたので、
市民優先の招待で開館前の真新しい内部を見せて頂きましたが、
外国の家に招かれたような気分でした。

美術館を囲む公園も一体となって、見終わった後はピクニック気分で
暖かい日はお弁当を広げるのも良いかも。



冬はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/sa_lanimoana/11486908.html

冬の窓


穏やかな午後の日差しと
冬の窓を飾る鉢花はゼラニューム。
こんなおうちだったら冬も楽し。


でも冬の太陽はお昼過ぎには傾いてしまいますね。

人生もそうなのかなぁ。
幸せと不幸って隣り合わせだからね。


やっぱり冬だね。こんなこと考えるのは。




今日一日色々あったけど、明日は頑張ろう。

まだ夜なの



ここ何日か寒い日が続きますね。
東京は毎日快晴だけど風は冷たいです。

真っ青な空です。


今朝も寒い朝でした。
低血圧で朝が弱い私だけど、めずらしく今日は早起き。


日の出が遅い今、まだまだ夜だけどコーヒーを入れて一息。
カーテンを開けても夜の闇にいるみたいでした。

たぶん街は動き出してるけれど
日中の日差しの中では見えない色が見えて
見えすぎてがっかりする場所も
異国の雰囲気かもしれないね。

どんなイメージかと言えば、暗い夜にオレンジ色が灯る
まるでこんな姿を思い浮かべました。

午前5時。
たまには早起きするのもいい。



って。。。こんなの早起きじゃない??
いつも起きてる方、ごめんなさ~い(^^)

もっと身近にピンク色を



絵の具をパレットにちょっとだけ出して
そこに白を混ぜる。
何色でも最初に白を混ぜてみると
どれも優しい色になりますね。

特に赤がピンクに変わる時
個性の強い赤も
春の優しさ、温かさ、女らしさに変身。

強気な赤も柔らかになるような気がします。


目立つからと身に着けるのをためらう時には
ベージュや濃いブラウンと合わせてベーシックに。

ベビーピンクはざっくり織った厚手シルクで
シャネル風のスタイルに。
どう?
春には着たいと思いませんか。


贈り物にもピンクのリボンを結んでみたら
喜びが倍になる効果があるような気がします。

表情を明るくしてくれるピンク色で
沈みがちな冬の景色も明るく歩きたいですね。



子供のときからピンクが好きで
今も最初に目につく物はピンク。

私はいち早くルームシューズをピンクにしました。









           

銀座から、ごあいさつ


ステキ。

カワイイ。

キレイ。

もっと感じたことがあるのに
こんな手軽な言葉で言ってしまいます。

「もっと深く伝わる言葉で表せたらいいのに」って思いながらね。

難しいですよね。
伝えたくても動作が見えない時に、言葉だけで表現するって。

そんなことを考えながら過ごしていたら
いつの間にか松も取れていました。


気分転換にと、お正月気分も終わった休日のお昼
お気に入りのカフェに行ってきました。

銀座3丁目の隠れ家で
一度行っただけでは見つけられない穴場です。
この近所に私のお気に入りは二軒あって、そのうちの一軒。
食事も出来るし、我が家のリビングのような存在のカフェです。

疲れた身体を癒す場所。
すべてが穏やかに流れていて
窓辺に置いた花も

ステキでしょ。
カワイイでしょ。
キレイでしょ。



今年はどんな写真が撮れて、何を話せるのか。
意識して書くと不自然だし
日記のような、自分だけの記録の場所にはしたくないし。
そんなことを思います。


サキさんのブログ
新年のご挨拶が遅くなりましたが
今年もよろしくお願いいたします。


銀座からのごあいさつでした。

プロフィール

サキ

Author:サキ
Yahooブログから引っ越してきました。
食べることが好き、作ることも好きなので記事も食べもの関係が多いです。
日常の何気ない写真を撮ることも好き。
「布絵作家」「ジュリーファン」

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR