FC2ブログ
  • 秋をイメージして
    「日毎に冬が近くなってまいります」「散りゆく落ち葉に目を留めるこの頃」「日増しに寒さをおぼえて」今手紙を書くとすると季節の挨拶はこんな書き出しかな。今年は真っ赤に染まるはずのモミジが東京は今ひとつです。豪徳寺、等々力渓谷、井の頭公園、林試の森公園期待して行ったのに思った程の紅葉ではなくてがっかりでした。茶色に乾燥してそのまま散ってました。暖かい日が続いたからなのですね。だから写真もイマイチ。「燃え...
  • パープルな東京タワー
    きのう25日、東京タワーが 「女性に対する暴力をなくす運動」をアピールするためシンボルカラーである紫色をイメージした色にライトアップされました。パープルは私の好きな色。わくわくしながら向かいました。神谷町からの途中、遠くから見えるタワーに「あれ、今夜はちょっとおとなしいかな」って。ライトアップが寂しげに感じながら歩くと。ところが着いてみたら夜空にそびえるタワーの足元にはモミの木のクリスマスツリーや...
  • 秋は上を向いてね。
    小学生の頃「まっすぐ前を向いて歩きなさい」と、言われてもあっちもこっちも気になってキョロキョロしながら歩いていた私を思い出しました。大人になってからは近視と乱視でコケ防止のためにしょうがなく前を向いて歩くようになりましたけど。でも興味のあるものって、視界の外にあるんですよね。さて、一日おきに快晴と曇りの東京。23日は朝から晴天の、暖かいお散歩日和でした。目黒区の【林試の森公園】ではけやき、くすのき、...
  • 秋が来た。《その6》陰と陽
    陽は希望、名誉。陰は悲しみ、不幸。字を見ればそんな印象を受けません?でもカメラを持ったら陰が欲しいですね。秋のアングルは明る過ぎるよりも陰になる部分が。陰になった場所に薄く差し込む日差しはほっこりした温かさも感じます。穏やかな一日、静かなお寺さんや神社を歩いてきました。陽の当たらない場所や木々の陰が美しくて夢中で陰ばかり撮っていました。陰と陽は秋こそ絵になる風景でした。これこそ秋のテーマ。...
  • 秋が来た。《その5》日に日に燃ゆ
    幸福の赤迫力の発色を求めてカメラを持って歩いてきました。都会にも豊かな自然はたくさんあるんです。みじかい期間を美しく燃えて春とは違う心躍る季節。そんな趣に感じるのですが。都心の見頃は11月下旬から12月上旬。だけど、流行る気持ちで紅葉、黄葉を探してきました。東京も少しずつ色づき始めています。今日の選んだのは秋色、葉模様でした。...
  • 秋が来た。《その4》シャコバサボテン
    はるか地球の反対側の植物。環境の違う異国の地で咲き始めました。肉厚の平らな葉っぱが幾つもつながって、その先には細くとがった、優しい青みを含んだピンクのつぼみ。金平糖のようなこじんまりとした花を、どうやって素敵に撮ってくれるの?今日一日、咲き始めたシャコバサボテンに付き合ってね。...
  • 秋が来た。《その2》空
    少し寒く感じる一日でした。...

プロフィール

さきFC2

Yahooブログから引っ越してきました。