FC2ブログ

上から東京


大画面になりますが、もしもタッチパネルで見られたら
分かりやすいかな。




では、ご存じかと思いますが
ガイドをさせていただきます。

左上に細長く大きな森は代々木公園、明治神宮です。

中央は新宿副都心。
高層ビル街から左にポツンと一棟だけ離れて目立つのが
初台の東京オペラシティ。

オペラシティから少し右にパークハイアット東京。
パークハイアットから右に二本のビルが目立ちますが
それが都庁。

都庁の少し手前にちょっと見、エンパイアステートビルに見える
NTTドコモ代々木ビル。
そこから右に目をやれば新宿御苑。
御苑すぐ下の外苑イチョウ並木が見えますか?
上の方はすかり落葉していますね。
そのイチョウ並木の右にやや見えるのは赤坂御用地。

手前に大きく広がる青山墓地。
右手前は国立新美術館。

手前に見えるのは在日米軍のヘリポート。
左下の白い建物は
ハーディ・バラックスという米陸軍施設。
同じ敷地内に星条旗新聞社があり
前の道を星条旗通りと呼んでいます。
面白い建物だからって写真撮ったら怒られますよ。

今は洒落たカフェやレストランがぽつぽつ点在していますが
昔はうっそうとして雨の夕方など静まり返り歩くのが怖かったです。









これは某大使館職員住宅。
通りから見える姿と上から見る姿では
全く違う姿を見せてくれます。
一時期「あれは何?」と話題になっていました。
上から見ると何がどうなっているのか分からないでしょう。






東京タワー、足元の増上寺、ちっちゃい。
左方面には勝鬨橋。
右奥には問題の豊洲新市場も見えます。
その奥に微かに見える東京ゲートブリッジ。

ここは東京タワーの特別展望台より高い位置なんです。






270メートルの上空へ
鋼鉄のすのこのような通路を抜け階段を上がり
上から目線でジオラマのような東京を眺めています。


地上のざわめきは何も聞こえなくて、不思議なほど静かな上空です。

エアコンの室外機の音だけが地上とのつながりを感じて
みんな、ただただ沈む夕日を見ていました。

こんなに大きくなった東京。
平和であってと願わずにはいられません。






スポンサーサイト



六本木で豪快なランチ





午前中に虎の門での用事を済ませてから
神谷町→飯倉片町→六本木へと歩きました。

ご存じの方は、あ!あのルートねって分かると思いますが
普通に歩いて30分程度です。
 
六本木は起伏に富んだ坂の街です。
眺めの良いお店もたくさん数知れず。
しかし一本裏道に入ると混沌とした、昼間なのに不気味な光景もあるし
大使館が多いせいか英語やロシア語も多くて、日本じゃないみたいって思います。
人種のるつぼですね。

遠くの再開発されたタワービルと未開発の古いビルの谷間の墓地。
ここって何十年もこのままなんですよ。
最近では深夜になると危険な地域だとか・・・

危険と言っても日本での危険と海外の危険とはレベルが違いますからね。


そんなエリアを歩きながらランチを食べに
【香妃園】へ向かいました。










日比谷線六本木の【香妃園】は
入り口から怪しげな雰囲気を放つ中華料理店でした。
会社に入った頃、お偉いさん達に
「飲んだ後はここで鶏そばだよ」って連れてこられて
三件目はいつもここで鶏そばを食べてから帰るのでした。

初めて入る人は躊躇してしまう外観で
店内もマツ○さんやミッツ・マ○○○ー○みたいなご出勤前の人
黒づくめの人(入り口に黒塗りの外車と黒服が待機)
業界人、普通の会社員&ОL等々、バラエティーに富んだ組み合わせに
私もびっくりしました。
あれから数十年、バブル期に大きく変わった六本木で
場所は移動しましたが【香妃園】は健在です。


店内はバブル前の昭和的インテリアでゴテゴテの野暮ったさ満載。
絶品の鶏煮込みそばを食べに、時々訪れては懐かしがってます。

最近の【香妃園】あの怪しげな雰囲気はどこへ?
徐々に変わって今ではサラリーマンがいっぱいで、いたって健康的。
これまたびっくりだけど、まぁ繁盛してて嬉しいです。

これまで何人か連れて行きましたが。バブルで怪しげな感じを残す入り口に
一瞬「大丈夫?」って顔をしますが、安心なお値段だから大丈夫よ。

一度行った人は得意げに別の友達を連れて行くらしいです。
そしてまた次の友達へ・・・みんな一様に不安がるそうで笑っちゃいますね。
美味しさが忘れられないって言ってもらって嬉しいです。
紹介した甲斐があった~

この日もランチで大好きな鶏煮込みそばとポークカレーをいただきました。
みなさんもお近くを通ったら是非どうぞ。

ホームページなどありませんが
「香妃園 鶏煮込みそば」で検索してみてください。
ヘンな雰囲気と美味しさ、わかりますよ。
とにかく絶品です!


















この日の二件目は【南翔饅頭店】六本木ヒルズ店←(ナンショウマントウテン)

はい・・・ランチの梯子デシタ・・・(笑)
なんか食べたりなくてついつい飲茶程度ならって・・・。

上海蟹みそ春巻き
海老小籠包
上海蟹みそフカヒレ小籠包

最後はマンゴープリンで締めて
たいへん美味しゅうございました(*^^)v












けやき坂から







けやき坂に
こんがり香ばしいパンとコーヒーの香りが流れて
ウインドウには午後の日差しが差し込んで眩しい。


遠くにぼんやり揺れてるタワー。


穏やかな秋の一日
ここは私だけの特等席です。











カラヤン広場からスペイン坂界隈



久しぶりの雲一つない空の休日
買い物がてらの六本木です。






六本木一丁目駅を出るとアークヒルズのカラヤン広場へ。

ここカラヤン広場は休日になるとファーマーズマーケットが開かれて
外国人の多いこの地域、ちょっとした国際交流の場にもなっています。

周りのカフェも午前中は静かで
都会の喧騒なんて感じられない落ち着いたものです。

広く黒いゲートはサントリーホール。











                                                    サントリーホールのゲート






谷底のカラヤン広場の端っこの階段を上がって
なだらかな坂道を行くと左手に霊南坂教会。

あ~あの教会ねって、分かる方も多いのではないでしょうか。

再開発に建て替えられて昔の面影はありませんが
丘の上の赤煉瓦に神聖なものを感じて、何かの時は心を寄せてみるのも良いかも…なんて。









1980年以前のこの辺りは
木造二階建て、瓦屋根が続く密集地で
最寄駅は無く、都会の中の田舎風情ある街でした。

六本木は眠らない街、きらびやかな街、怖いなどのイメージがあると思いますが
私が思う六本木は一本裏に入ると民家の静けさ。
坂道と網の目のような路地。

そう言えば寺が多いのも印象的です。


そんな地域が再開発でANAホテル、サントリーホールが出来て
テレ朝もこちらに引っ越してきました。

テレ朝はその後一部分を残して、アークヒルズから六本木ヒルズに引っ越しましたけど
今でもここからのお天気番組、あれ良かったと思い出します。


再開発に植えられた桜はなんて立派な枝ぶりになったことか。
春には見事な桜道になって、この景色は感動間違いなしですよ。

だから桜坂と呼ばれ、スペイン大使館に続く道はスペイン坂と名づけられました。


スペイン大使館の向かいはスウェーデン大使館。
サスガ正面玄関もIKEAっぽい。


起伏に富む坂道。
それほど広くない道幅。

都心であっても落ち着いた眺めに、憩いの場に来た感じ。

あまりに綺麗な六本木。


                                              スペイン大使館









六本木で一番静かなところ

 
 
 

 
 
 
目はどうなりましたか?ってご心配いただきましたが
先日手術が終わり、今は眼帯も取れて
十数年続いた痛みもなくなってスッキリしました。
 
対処療法ですが、これでひとまず安心。
ですが、シャンプーと洗顔が出来ず
左目の周りが軽いパンチをくらったみたいにやや赤くなってて
いつものシャープなサキさん(笑)は見る影もなく...
 
 
手術は簡単だけどテレビで見るシーンと同じで
血圧計と心電図と指先に洗濯バサミみたいな物つけて、真上には大きなライト。
大きな布バサーっとかけられて目だけ出して
先生二人、看護師さん三人に囲まれて50分。
 
局所麻酔なのでボンヤリと見えるわ聞こえるわで、段々血の気が引いて
貧血起しかけた時、大丈夫ですか~?って。
看護師さんって分かるんですね。凄い。
術前指導の時に「朝ごはんは食べないように」の意味がここで納得。
 
感想は「あ~怖かった…」
 
同意書を書いた時もなんだか嫌な気分になりましたが
経験したくないことですね。
 
かすかに流れるクラシックが和らいでくれましたが。
 
 
手術の話題はこのくらいにして
年初めに明治神宮でお祓いの後六本木に行ってきました。
 
一緒に行ったMちゃん、ここに行ってみたいとのことで
「じゃあ案内してあげる。勝手知ったる六本木ですもん。」
 
新国立美術館は
平日の午前中、訪れる人もまばら。
 
館内を巡り、ミュージアムショップであれこれ見て、庭を散策して
その流れで青山、外苑、表参道、渋谷へとぶらぶら歩きです。
 
快晴で風もない都心の気分の良いこと。
私ってやっぱり街オンナだわ~
 
 
少し詳しく
新国立美術館のこと色々 http://blogs.yahoo.co.jp/sa_lanimoana/8740962.html
 
 

 

 

 
 
 
プロフィール

サキ

Author:サキ
Yahooブログから引っ越してきました。
食べることが好き、作ることも好きなので記事も食べもの関係が多いです。
日常の何気ない写真を撮ることも好き。
「布絵作家」「ジュリーファン」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR